FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
湯村温泉 朝野家
サイトマップ   プライバシーポリシー  
english 筒体字 繁体字
アクセスマップ お問い合わせ 会社概要
宿泊プラン(個人様) 館内のご案内 朝野家のおもてなし 旬の味 オンラインショップ朝野家 朝野家イベント情報 朝野家メールマガジン

湯村温泉 朝野家ホーム >> イベント情報

/// 砂の美術館第2期展示『世界遺産・アジア編~アジアの風にのって~』 vol.1///

朝野家から車で40分の鳥取砂丘で、砂の美術館第2期展示『世界遺産・アジア編~アジアの風にのって~』に4月26日にオープンしました。
この美術館は全国で唯一、砂の彫刻を常設展示している屋外美術館で、世界トップレベルの技術で制作された作品は、いつ崩れるともしれない危うさと美しさを感じさせます。

写真点数が多いので2回に分けて紹介させていただきます。
砂の美術館 001
本物と間違うような作りの兵馬俑(中国 1987年世界遺産登録)
砂の美術館 003
一人一人の表情に「これが砂?」と疑う
砂の美術館 054
馬にも表情が
砂の美術館 055
昨年に続き2回目。第1期展示では「イタリア・ルネサンス」をテーマにサンピエトロ大聖堂や天使の像が制作されました。
砂の美術館 006
敷地約1500平方メートルに、茶圓(ちゃえん)勝彦さんをはじめ中国やインド、シンガポールなど国内外から集まった砂像彫刻家8人が、バーミヤン大仏やタージマハルなど11作品を作り上げました。砂の美術館 007
アユタイの遺跡(タイ 1991年世界遺産登録)
砂の美術館 010
砂の美術館 045
タージマハル(インド 1983年世界遺産登録)砂の美術館 046
詳細な模様

砂の美術館 041
人頭有翼の雄牛像(イラク 2003年世界遺産登録)
砂の美術館 035
羽の線や耳輪の精巧さ

砂像は木枠で固めた砂をナイフなどを使って削り、表面を水溶ノリで固めています。
アジアの世界遺産の姫路城や万里の長城、兵馬俑(へいばよう)などの壮大で精巧な作品があり、開館時間は午前九時から午後九時までで、日没後にはライトアップされ、周辺は幻想的な風景に生まれ変わります。

ぜひ!ご覧ください。

期間:2008.4.26~2009.1.3
開館時間:AM9時~PM9時(夜間はライトアップ)
入場料:一般300円(20名以上は250円) 小・中・高校生200円(同150円)
会場:鳥取砂丘情報館サンドパルとっとり 
鳥取市福部町湯山 鳥取砂丘情報館隣接地
電話:0857-20-2231
スポンサーサイト



コメント

=コメントの投稿=

管理者にだけ表示を許可する

=トラックバック=

http://asanoyaevent.blog109.fc2.com/tb.php/25-deeabf75

 | HOME | 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

朝野家担当者

朝野家担当者

湯村温泉朝野家イベント情報へようこそ!

朝野家や湯村温泉近郊のイベントをいち早く紹介します。
ぜひ遊びにお越しください。

RSS

管理者ページ


 

Copyrights 2007 Asanoya All rights reserved