FC2ブログ
QLOOKアクセス解析
湯村温泉 朝野家
サイトマップ   プライバシーポリシー  
english 筒体字 繁体字
アクセスマップ お問い合わせ 会社概要
宿泊プラン(個人様) 館内のご案内 朝野家のおもてなし 旬の味 オンラインショップ朝野家 朝野家イベント情報 朝野家メールマガジン

湯村温泉 朝野家ホーム >> イベント情報

/// 砂の美術館第2期展示『世界遺産・アジア編~アジアの風にのって~』 vol.2 ///

砂の美術館 022
朝野家から車で30分の鳥取砂丘で、砂の美術館第2期展示『世界遺産・アジア編~アジアの風にのって~』が鳥取砂丘情報館隣接地に4月26日にオープンしました。早速28日に行ってきました。
この美術館は全国で唯一、砂の彫刻を常設展示している屋外美術館で、世界トップレベルの技術で制作された作品は、制作された作品は11体、いずれも本物と見間違うような力作ぞろいです。

昨日に続き第2弾です。

砂の美術館 048
インドのエローラ石窟寺院(インド 2003年世界遺産登録)

砂の美術館 013
本物そっくりな精巧さ

砂の美術館 050
バーミヤン大仏(アフガニスタン 1991年世界遺産登録)

砂の美術館 017
タリバンに爆発されたバーミヤンの大仏 ここでは破壊される前のものが見ることができます。
足元には人のミニチュアが作られており、本物の大きさ(西大仏55メートル)が想像されます。

砂の美術館 018
カンボジアのアンコールトム(カンボジア 1992年世界遺産登録)
砂の美術館 019
拡大してみるとまるで石造

砂の美術館 034
砂用の車椅子も準備されていて、車椅子の方でも安心して見学できます。

砂の美術館 027
緩やかな遊歩道を登り、展望台近くに姫路城(日本 1993年世界遺産登録)と万里の長城があります。

砂の美術館 031
万里の長城(中国 1987年世界遺産登録)の向こう鳥取砂丘が見えます。
ここからは鳥取砂丘が一望でき砂丘バックに写真スポットです。

子供のころ、海水浴で一生懸命作った砂の城、指の隙間から流れ落ちる砂が固まっていくのが面白くて、何度も何度も積み上げた。帰るころには波にさらわれて、もとの砂浜に・・・。きえちゃった。

たった8ヶ月間の砂の美術館、砂が芸術に。 きえてしまうまでにぜひご覧ください。

期間:2008.4.26~2009.1.3
開館時間:AM9時~PM9時(夜間はライトアップ)
入場料:一般300円(20名以上は250円) 小・中・高校生200円(同150円)
会場:鳥取砂丘情報館サンドパルとっとり 
電話:0857-20-2231
スポンサーサイト



 | HOME | 

 

Copyrights 2007 Asanoya All rights reserved